Pile up my life

自分で考える練習

虎に翼 第7週(34)

私の解釈全然違ったじゃん

じゃああの轟からよねへの視線は何だったんだ

oyasumi23pm.hatenablog.com

 

そうなればいいと思ってはいたけど、優三さんが名乗り出てくれてよかった。

思いっきり腹を下していたから、君が寅子と結婚したいのは社会的地位のためじゃないよね?

 

寅子と花岡は正式にお付き合いしていた?

寅子が夢を諦めることがないように静かに身を引いた花岡、ダメだったんか

よねと轟が寅子大好きで好き

感情よりも音楽が行動につながるタイプ

NEXZのデビューが5日後に迫っている。

nexz-official.com

NEXZとは、NiziUを生んだNiziProjectの第二弾、NiziProject2から生まれたボーイズグループだ。メンバーは6人が日本人で、1人は韓国人だが日本で育った方。JYPでは今世界で活躍中のStrayKids以来6年ぶりのボーイズグループとなり、彼らのデビューに事務所がめちゃくちゃ気合入れてるのがわかる。知らないけど。

 

虹プロ2をリアルタイムで見ていたので昨年から応援はしていたのだけど、実はまだ音源を買っていなかったし買おうかどうかすら迷っていた。CDやグッズを収集する趣味がないので、好きなアーティストはたくさんいるが普段は月額980円の音楽サブスクと無料のYouTubeなどで事足りているのである。ライブはまた別。

 

が、今朝起きたら世界が動いていて、5/20に発売されるデビューSingle Albumに収録されている楽曲「Starlight」がちょろっと聞けてしまったのだ。

youtu.be

 

まさかのタイトル曲でない方が先に来たーーー

teaserで既に歌って踊っていたー

 

この曲の作曲者とか詳細は一切わからないけれど、これは好き。

虹プロ2最終審査のBecause of youを思わせるようなR&Bぽい曲調が既に好きなのだが、少し前にKPOPで流行っていた、昔の童謡をサンプリングしているような音も聞こえてきたりするし、これが完全にバラード調なのか、歌っている表情を見ているとはたまたここから転調して全然違う雰囲気が出てこないこともないのではとか色々妄想している。

 

朝目が覚めて一番にこのteaserを見たけど、布団から出る頃にはもう音盤買うぞって静かに決定していた。音楽聞いちゃったらもうダメだった。それに、韓国の作品を購入したことがなかったのでそれも初めての経験でなんだかワクワクする。日本お披露目だと思われるライブを断念するので、その分の心の置き所にもさせてもらうことにする。

 

注意事項は二つ

・韓国の音楽チャートの集計に反映されるためには、韓国の発売日のものを買わなくてはいけない(=日本の発売日5/31を待っていると間に合わない)

・店舗によってはチャート反映しない場合もあるので、購入する店をよく選ぶこと(送料無料の店もある)

 

色々まとめてくれてる方の情報を参考にしながら決済完了した。

CDを再生する機器がもはやないし、"積む"文化にも抵抗があるので1枚しか買わないけどさ、Special Edition買ったから。

 

チャート反映するようにCDを予約するとか、初めてしたよ。どうせなら乗っかってみようと思って韓国のお店で買ってみた。初めての経験をさせてくれてありがとうNEXZ。楽しいです。願わくばデビューショーケース見に行きたかったけど、いつか必ずお目にかかリタイです。

 

NEXZ売れますように!!

 

焼きポンデリング

f:id:oyasumi23pm:20240514191017j:image

SNSで流行っていようが私の情報源はMIYUさんだけである。ポンデリングの砂糖グレーズ部分をフライパンで焼き、ブリュレのようにしたものがとっても美味しそうで音も良かったので、自分でも作ってみた。

 

油なしのフライパンで、30秒くらいだろうか。

砂糖が溶けて焦げ目がついたら出来上がり。

ドーナツ生地に一部砂糖が染み込んでいてふにゃふにゃになっているので、一旦冷蔵庫で冷やす。

 

10分もすれば、カチカチに冷えて固まるので、こうなったら食べどき。

 

少し焼きすぎてしまったと思ったが、これが焦げ好きの私には大ヒットだった。香ばしい香りと少し苦味の混ざった甘さ、カリカリザクザクな食感と音がベストだった。

 

学生時代のことを思い出した。学生寮での朝食時に食パンを自分たちで一斉に焼くのだが、焦げたパンは私に回してもらっていたほど、私は焼き過ぎが好きだった。おもろ。

母の日春パスタとオープンイヤー型イヤホン

週末は母の日だった。

だからと言って特別な料理は作らず、先日河原で使い損ねたアヒージョ用の海老とマッシュルーム、それから夫の実家からもらってきた筍と春キャベツでパスタにした。

 

oyasumi23pm.hatenablog.com

 

パスタは麺も具材も全部同時に入れて作れるヘルシオの「らくちんパスタ」モードを使うのが一番楽。

 

f:id:oyasumi23pm:20240514092524j:image

パスタ麺は半分に折って短くする。

オイルと水をしっかり纏わせて麺同士がくっつかないようにしておくこと大事。

今回の味付けはニンニクと塩こしょうのみ。

 

f:id:oyasumi23pm:20240514092532j:image

 

できたら全部混ぜ合わせて出来上がり。

キャベツが生でも食べられるほどの柔らかいものだったので、結構くたくたになった。


f:id:oyasumi23pm:20240514092527j:image

 

はい

f:id:oyasumi23pm:20240514092607j:image

最後に少し粉チーズをかけた。

おいしかった。

 

日中、ヤマダ電機に行った。夫が先週からイヤホンが欲しいと言って下見に行ったりしていたのだが、私にも見て欲しいと言われた。

リモートワークもしているので、てっきり自分用に買うのかと思って一緒に行ったのだけど、なんと私に買ってくれた。

f:id:oyasumi23pm:20240514093647j:image

 

耳を塞がず、外部の生活音がちゃんと聞こえてくるから、家事をしながら使うのにぴったりだってさ。

耳を塞いでいないのに、ちゃんといい音で聞こえてくる。それでいて音漏れはほとんどわからない。真っ暗な寝室とか大きすぎる音量だと感じるかもしれない程度。

 

OpenFitは、「オープンイヤー」というコンセプトを継承したShokzの新・完全ワイヤレスイヤホン。1日中快適に、周りの世界を感じながら、自分のサウンドトラックを楽しむことができます。超軽量なうえにオープンイヤーだから、あなたが聞きたい音と周囲の音の両方をクリアに聞くことができます。DirectPitch™テクノロジーは、お気に入りの曲やポッドキャスト、オーディオブックに没頭できるよう、完全なオーディオ体験を生み出します。安定性と快適性を兼ね揃える、柔軟性のあるイヤーフックデザイン。あらゆる瞬間において、音楽や通話も、外の世界も自由に聴ける設計です。

OpenFit オープンイヤー型イヤホン - Shokz (ショックス) 日本

 

隣にあった同じメーカーの骨伝導のイヤホンも試して、音質も良いしいいなと思ったけど、意外と振動があった。私はスポーツの習慣もなく静かな方が良いので、オープンイヤーイヤホンにした。

 

ちなみに、骨伝導は頭の骨を振動させていて、オープンイヤー型は従来のイヤホン同様空気を振動させているらしい。

 

 

外出時にこれで音楽を聞こう。

外に出る楽しみが少しできた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

虎に翼 第7週(32)

寅子の決意を聞いて、自分の思いを言わなかったの偉いぞ花岡。本当は佐賀に一緒に連れて行きたかっただろうに、頑張ったな。

寅子の職場で働くことにしたよねさんにニンマリ。

花岡のことを聞いて一瞬間を置くよねさん、その一瞬で察する轟、何も気付いてない寅子の構図良かった。

女性というだけで差別してくる奴に対してわかりやすく一緒に怒ってくれるよねさんが隣にいてくれて心強いな。

 

あんバター揚げ餅

MIYU ASMRさんの餅シリーズ、三たび。

 

揚げが面倒だったので、ヘルシオのあぶり焼きモードで焼いた。

あんこはホットクックで先週作ったもの。

 

oyasumi23pm.hatenablog.com

 

あんこは日持ちする。パンに塗るも良し小腹を満たしにつまむも良し、保存食である。砂糖の量は小豆の8割分くらいがちょうどいい。

 

見た目美しくないけど写真撮りました

f:id:oyasumi23pm:20240506152731j:image

 

餅にバターは初めて食べたけど、これまた悪魔的でおいしかった。

じゅんわり溶けるから餅とあんこの潤滑油になる。

最近のバターのお気に入りは、雪印

 

食べている時、自分の体からMIYUさんと同じ咀嚼音が聞こえてきて面白かった。

 

あぁ餅っておいしい。餅ばっかり食べていたい。

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ

「好き」でつながるポジティブな世界を言葉で広げていく


私はオタクといわれる人々に強い憧れを持っている。オタクとは、自分の好きなものをどこまでも探求し大きな愛を持って接している人だ。

オタクの方は推しそのものだけでなくあらゆる方面に細かな神経とセンサーを張り巡らしているので、視野の広げ方が大きく、推しに関連する情報を嗅ぎ分ける力やそれに対する瞬発力、深め方、表現の仕方がずば抜けている。そして経済まで回している。彼らの能力は本当に素晴らしい。今回はまさにそのような"オタク"であり、言葉の力で沢山の人々をあるゲームの世界に引き込んでいるJiniさんの本を手に取った。

 

私も好きなものは何かしらずっとあるので、自分の胸だけには収まりきらない感情に陥った時にそれを言語化しようとするのだが、それがなかなかうまくできない。特にスピード感を持って冷静な言葉を綴ることが難しく、ついエクスクラメーションマークを多用したりただただ感嘆詞を発するのみになってしまうので、何か言語化のヒントがあればと思ったことがこの本を読んだきっかけである。

(知らない間に*Kindle Unlimitedに含まれていた) *月額980円でAmazonの対象書籍読み放題プラン

 

この本は、個人的な心の叫びの言語化というよりは、より広くたくさんの人に対象物(推し)の魅力を知ってもらい、あわよくば一緒に好きになってもらうという目的を持った文章の書き方とその心得が書かれていた。私が得たかったものよりももっと壮大な話で、大変勉強になった。

まずそもそも、企業が自ら宣伝して売り出すよりも口コミやインフルエンサーによって商品が広まっていく方が経済効果が大きいと言われる現代では、「好き」を言語化することがとても重要であるとのことだった。そしてそれをするためには、対象物への深い理解と情熱の両方が必要であることも知った。どちらかではなく両方を使いこなすには、一つの好きなことに対して相当の時間を費やす必要がある。著者のJiniさんをはじめ誰かの製作物を愛をもって広める天才は、自分で0からモノを創れる天才と同じくらいに尊い存在であり、それはれっきとした商売として認められるべきものだと感じる。

 

自分を振り返ってみると、確かにいつも好きなものはあるけれどどれも浅いところで満足しているし、最近では同じ感情を他の人と共有したり共鳴したいという願望もない。私の情熱は、私と対象物(推し)の間で完結していて第三者の存在がない。

でももし自分から生まれた文章表現が誰かに伝わり、心が動いたり対象物に関心を寄せてもらえるようなことがあれば、それは「人に影響を与えた」という意味での喜びが発生すると思う。その喜びを追求するのも良いかもしれない。

 

商品を売ることを目的としなくても、他者とのコミニュケーションにおいて自分の好きなことを語れるスキルというものは持っていて損はないというかむしろ持っていた方が良いであろう。その人が何を好きでどんな風に語るのかということは、何よりの自己紹介となり、"伝わる"からだ。

どうせ人とつながるならば、学校や会社などではなく好きなものや趣味を介して繋がる関係性の方がハッピー指数が高い。辛い現実、考えたくない日常をたったひととき忘れられる時の繋がりこそ「好き」というポジティブだけで埋め尽くしたいし、やがて別の界隈にも好きが広がっていくと人生のハッピー指数も増していく。それを繋いでいくのは言葉である。

 

ただ発信をする場所については、よく考えて選ぶ必要がありそうだ。

プラットフォーム(SNSやブログなど)によって書き方やアピール方法を変えようとしても、スキルがない場合簡単にできることではない。自分に合った、やっていて辛くならない媒体を吟味し絞ってしまう方がメンタル的な健康が保たれると思った。

 

 

私が次に行動すること

  • 瞬発力と短文力が必要なX(Twitter)で叫ぶのを一旦諦め、ブログでじっくり型に振ってみる
  • 自分が感じた素直な感想や感情を言語化する練習から始める
  • 何かとことん深く知ってみたいと思える、人に勧めたり売ってみたいものはないかと意識して生活する(ないかもしれない)

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ